FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

CANVAS CARRYING BAG(DEMOLITION BAG)

今回はデモリッションバックのご紹介。

bag1.jpg

このアイテムは年代表示はあるのですが、
名称はプリントされていない一品です。

bag2.jpg

69年製。DSA等の表示はありませんが、
DA表示のものも確認しています。
またプリントはされていませんが
FSNは「1375-212-4597」になっています。

bag3.jpg

マニュアルです。
マニュアルを見ると爆薬以外に工具等を収納できるバッグになっています。
またマニュアルでは「CANVAS CARRYING BAG」の表記ですが、
FSNで調べると「BAG DEMOLITION EQUIPMENT」となっています。

大戦中から存在し、現行はナイロン製で存在している
息の長いバッグです。

ナム戦時より大戦、朝鮮戦争ですと
持っている画像を多く確認できます。
スポンサーサイト



| NAM装備 | 10:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

COAT CONVALESCENT SUIT SUMMER

メディカル系の第7弾。

関連記事はこちら。
アホカリプス2013レポート②「SMOCK MEDICAL ASSISTANT」
アホカリプス2015レポート①「JACKET CONVALESCENT SUIT」
兵庫(神戸)ミリタリーショップレポート②「COAT PAJAMA COTTON」
TROUSERS CONVALESCENT SUIT
SMOCK MANS'S MEDICAL ASSISTANT

medical16.jpg
medical17.jpg

COAT CONVALESCENT SUIT SUMMER
MAY 1953

以前、アホカリプス2015レポート①で紹介した、
「JACKET MAN’S CONVALESCENT SUIT SUMMER TYPEI」の50年代verです!

medical5.jpg

実際に着用している画像です。
50年代から60年代前半のタイプは医療マークの刺繍が有り
60年代後半のタイプは医療マークの刺繍が無く、
医療マークの刺繍があった方が雰囲気がでますね!

| NAM装備 | 12:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TROUSERS PAJAMA ORTHOPEDIC

メディカル系の第6弾。

関連記事はこちら。
アホカリプス2013レポート②「SMOCK MEDICAL ASSISTANT」
アホカリプス2015レポート①「JACKET CONVALESCENT SUIT」
兵庫(神戸)ミリタリーショップレポート②「COAT PAJAMA COTTON」
TROUSERS CONVALESCENT SUIT
SMOCK MANS'S MEDICAL ASSISTANT

medical13.jpg
medical14.jpg

TROUSERS MAN’S PAJAMA COTTON ORTHOPEDIC
DSA100-67-C-0389

以前、アホカリプス2015レポート①「JACKET CONVALESCENT SUIT」で紹介した、
「TROUSERS MAN’S CONVALESCENT SUIT ORTHOPEDIC WINTER」のパジャマ版です!

治療の為付いているボタン等の配置が酷似しており、生地と色はパジャマと同じです。

medical15.jpg

こちらが恐らく実際に着用している画像です。

メディカル系も奥が深いですね!

| NAM装備 | 11:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TRUNK LOCKER

今回は箱系のご紹介。

box1.jpg

制式名称は「TRUNK LOCKER」、
靴を収納することから「FOOT LOCKER」とも呼ばれています。

名前の通り、靴箱や私物入れなどで使用されており、
日用大工で作れそうな一品です。

box2.jpg
box3.jpg

二重になっており、マニュアル等では
上の段に靴磨きの道具を収納するようになっています。

box4.jpg

DSA100-68-C-0514
現行品は多くあるのですが、
ここ最近は見ることが少なくなってきました。

box5.jpg

NAM戦時の使用画像です。

大戦中のものから現行までほぼ同じ形状で、
ナム戦時のものから現行まで存在しています。
形状についてはリンクページにある「伊覇軍払い下げ品店」で確認できます。

取っ手が大戦やNAM戦時、現行で若干異なっています。

box6.jpg

所持しているものは内側もODですが、
ODになっていないものも存在するようです。



| NAM装備 | 12:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HAT REVERSIBLE SUN

ハットシリーズ第6弾です。

関連記事はこちら。
HAT CAMOUFLAGE TROPICAL COMBAT(TYPEⅡ)
HAT CAMOUFLAGE TROPICAL COMBAT(TYPEⅡ)②
HAT JUNGLE WITH INSECT NET(TYPEⅠ)
HAT AND INSECT NET HGU-18P
HAT RAIN RUBBER COATED

hat32.jpg
hat33.jpg
hat34.jpg

航空機に対して視認性、シグナル、位置マーカーを出す、
レスキューシグナルパネル、エアリアルマーカーパネルと
同じ性質を持つハットでリバーシブル仕様になっているが特徴です。
スナップによりサイズ調節も可能です。
フライトジャケットのMA-1などリバーシブルと同じ目的です。

hat35.jpg

現行ですがシグナルパネルの使用画像です。

「Flight Hot Climate Survival Kit」の一部にも収納されています。

hat36.jpg

「EMERGENCY SUSTENANCE VEST C-1/C-2」などのキットに入っており
古くは大戦中から存在しています。
※裏地の色は異なり黄色

MASHさんやEast Asia Supplyさんなどでも
タイガー仕様やローカルメイドハットの裏側に張り付けているものを
販売しています!

| NAM装備 | 11:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT