FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

CAP FIELD COTTON M1951

キャップリーズ第4弾です。

関連記事はこちら。


CAP INTERMEDIATE COLD WEATHER (A-2)/CAP UTILITY COTTON OG-107

CAP FIELD LIGHT
CAP FIELD(HOT WEATHER)

■60'sver
cap23.jpg
cap24.jpg

64年製、パトロールキャップ(Patrol Cap)、レンジャーキャップ(Ranger Cap)とも
呼ばれるものでM1943キャップの後継になります。

cap25.jpg
cap26.jpg

朝鮮戦争時のキャップですが、
NAM戦では初期やソンタイ・レイダースなどが
被っているのが確認できます。

この形状を継承して現行まで存続しており、息の長いキャップです。
レンジャーキャップの呼称は
NAM戦以降のレンジャー部隊がよく被っている為、
この呼称になったと言われています。

■50'sver
cap27.jpg
cap28.jpg

50年代のものです。

■50's/USMCラベルver①
cap29.jpg
cap30.jpg

上と同じく50年代のものですがUSMCのプリントがあります。

■50's/USMCラベルver②
cap31.jpg
cap32.jpg

USMC別ラベルが①と異なっているverです。

■TEST品①?
cap34.jpg

こちらはツバにあるの縫糸の線が2本しかないタイプになります。
タグが薄れており判別が出来ません。
M1951キャップの過渡期タイプ?か海軍用?でしょうか。

■TEST品②?
cap34.jpg
cap35.jpg

こちらのものはPROJECT ORDER№573 と表示さており、
恐らくテスト品かPX品かと思われます。
年代が表示されていませんが、形状的に50年代のもだと推測されます。

この他にもM1950キャップ、M1952キャップと
呼ばれているものも存在しています。

奥が深い・・・・。
スポンサーサイト

| NAM装備 | 11:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

腕時計の小さなこだわり④

今回は腕時計の小さなこだわりの第四弾です。

関連記事はこちら。

腕時計の小さなこだわり
腕時計の小さなこだわり②
腕時計の小さなこだわり③
腕時計の小さなこだわり③おまけ

調子にのってベトナムウオッチ、MIL-W-46374を揃えてみました!<実物じゃないよ(笑)

watch13.jpg

左からTIMEXの復刻版、腕時計の小さなこだわり③おまけで紹介したZEST製、
一時、実物として売られいたWESTCLOXの復刻版、MWCの復刻版です。

watch14.jpg
watch15.jpg
watch16.jpg
watch17.jpg

裏側です、上から

TIMEXの復刻版
ZEST製
WESTCLOXの復刻版
MWCの復刻版

みな微妙に表と裏も形が異なっています。
パット見、使い捨てぽさであればTIMEXの復刻版、
雰囲気的にはWESTCLOXの復刻版、好みだとZEST製です。

さてWESTCLOXの復刻版についてですが
詳細は下記のURLに書かれています。

https://aucview.aucfan.com/yahoo/w100919746/

同じものかわからないですが、
実際にはe-bay、ヤフオクで実物として販売されています。

時計の委託・アンティーウォッチマン

https://antiwatchman.com/wp/ha-1706/

海外フォーラムでも論議されています。

http://www.mwrforum.net/forums/showthread.php?31786-Westclox-75071-Wrist-Watch-General-Purpose
http://www.mwrforum.net/forums/showthread.php?81323-Any-opinion-about-this-this-Westclox

ぶっちゃけよくわかりません(笑)

現在、入手できるのレプリカ、復刻版は下記になります。












| NAM装備 | 11:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CAP FIELD(HOT WEATHER)

キャップリーズ第3弾です。

関連記事はこちら。

CAP INTERMEDIATE COLD WEATHER (A-2)/CAP UTILITY COTTON OG-107

CAP FIELD LIGHT

■初期型
cap14.jpg
cap15.jpg

ベトナム戦争で主流のフィールドキャップです。
別名、ベースボールキャップと呼ばれています。
以前、「CAP FIELD LIGHT」で紹介した
「CAP FIELD MAN'S」は「OG107」でしたが、
「OG106」に変更になっています。
一般的に初期型と呼ばれています。

■初期型PX品
cap16.jpg
cap17.jpg

×-××××-CFとなっているタイプは
恐らくPX等で販売されていたものだと思われます。

cap18.jpg

このベースボール型は前方がフニャとしている為、
兵士に評判が悪かったらしく、
前方に型紙を入れて階級章ピン、部隊ピンなどを挿している
画像を確認することができます。

やはりアホカリプスなどで被りたい一品ですね!

■後期型
cap19.jpg
cap20.jpg

こちらが後期型。初期型のフニャフニャ問題を
解決した形状に変更になっています。
この後、80年代まで使用されています。

■後期型PX品
cap21.jpg
cap22.jpg

PX等で販売されていた後期型だと思われます。

| NAM装備 | 08:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CAP FIELD LIGHT

キャップリーズ第2弾です。

関連記事はこちら。

CAP INTERMEDIATE COLD WEATHER (A-2)/CAP UTILITY COTTON OG-107

「CAP FIELD LIGHT」
cap5.jpg
cap6.jpg

NAM戦時のフィールドキャップ、最初期型に該当するキャップです。
市場に出回っている数が少なく希少な一品です。

海外やオークションなどではUSAF用のユーティリティキャプとして
紹介されていることが多いのですが、
USAF用(下記参照)は別に存在しており、
どちらが正しいかはわかりません(笑

「CAP FIELD COTTON SATEEN MAN'S OG107」
cap7.jpg
cap8.jpg

CHARLIEさんがオークションに出品していたもので
名称が異なっています。
※画像はCHARLIEさんの許可を得て使用しています。

cap9.jpg

こちらが恐らく使用している画像になります。

また別に「CAP UTILITY MAN'S COTTON SATEEN OG-107」という
プリントのものを確認しています。
以前、紹介した「CAP UTILITY COTTON OG-107」と名称が酷似しています。

「最初期型ローカルメイド」
cap10.jpg
cap11.jpg

こちらは恐らく「ローカルメイド」「テーラーメイド」「ベトナムメイド」と
呼ばれる一品です。正規品と外目は変わりありませんが、
内側が正規品とは異なっています。

「CAP FIELD MAN'S SAGE GREEN」
cap12.jpg
cap13.jpg

こちらが上で紹介した空軍用のユーティリティキャプで
SAGE GREENと呼ばれる色を採用しています。

ミリタリーショップのMASHさんで
復刻版を販売されています。

| NAM装備 | 12:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CARRYING CASE BARREL P/N 7791009

今回、ご紹介するのはM60用バレルケースです。

case1.jpg

このアイテムは年代表示が無いタイプで
判別が難しい一品です。
恐らく画像のものがNAM戦時のタイプだと思われます。

case2.jpg
case3.jpg

マニュアル【TM9-1005-224-10】の画像になります。
NSNは1005-00-791-5420になっています。

case4.jpg

こちらがNAM戦以降のものだと思われます。
スリングは黒で取り外しが可能です。

case5.jpg

比較画像です。赤い矢印を見てもらうと
NAM戦時のものはスリングが固定、ドットボタンが見えています。
またチャックの紐の材質も異なっているようですが、
スリングも切れてしまった可能性があり、
紐も交換可能なのでいまいち確証がありません(笑)

case7.jpg
case8.jpg


実際に使用している画像です。
M60射手の補助役の方が持っていると渋い一品ですね!

| NAM装備 | 09:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT