2007年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月

≫ EDIT

東京ミリタリーショップレポート①

沖縄のレポート(まだ途中ですが)に続いて東京のレポートを!
東京は数年前に比べてSHOP、
特に放出店の数が年々減ってきてさびしい限りです。

昔は買い物となると山手線沿いを一周してから、
西武新宿線へと移動したものでした。
特に西武新宿線はミリタリー店が集中していました。

こんな感じです。

新宿駅 プープマックニン(沖縄アメリカ屋系列)閉店

野方駅 東京キャロル 荻窪へ移転中

井荻駅 FSO(沖縄アメリカ屋系列)閉店

上石神井駅 UEMA CLUB 閉店

うーん、懐かしい^^;

最初は有名な中野ブロードウェイにある
三店舗をご紹介したいと思います。

MAP

中野ブロードウェイは1966年に開業し、10階建てで
地下1階から4階までは商業施設、5階以上は
住宅施設になっているそうです。
2階から4階は特に漫画、アニメ、アイドル、
音楽、おもちゃ、時計、ゲームセンター、
メイド喫茶といったマニア向けの店舗が集中し、
なかなか楽しめます。一日では見切れないと思います。

一店目は【ユーロサープラス】さんです。

nakano1.jpg


ブロードウェイ3Fにあります。
ヨーロッパを中心としたミリタリーサープラスの専門店です。
ヨーロッパ各国の軍の装備、ジャケットなど色々とあります。
イギリス軍やヨーロッパ系の装備を揃えてければここですね!

二店目は【MOONSTAR】さんです。

nakano2.jpg


同じくブロードウェイ3Fにあります。
ミリタリーウォッチを中心に販売されております。
店の内装も軍用の倉庫をイメージしたつくりになっています。
かなりミリタリーウォッチが揃っています。

nakano3.jpg


画像はタイメックス社製?のミリタリータイプの腕時計です。
ベトナム戦争時代、手巻き式で使い捨ての腕時計として
登場したモデルです。
NAM戦マニアであれば一つは欲しいところですね!

三店目はいつも大変お世話になっています【LAZYCAT】さんです。
同じミリタリーマニアックスでブログも書かれています。

nakano4.jpg


ブロードウェイ2Fにあります。
NAM戦装備から現用装備までマニアックなアイテムが揃っております。

nakano5.jpg


フライトジャケットも豊富でこちらのマニアの方も
多くいらっしゃいます。

nakano6.jpg


NAM戦時のODジャングルファティーグとグリーンリーフです、
ノンリップのグリーンリーフも豊富で状態もよいです!
ノンリップはなかなかありません。

nakano7.jpg


現行のACU、マーパットです。

nakano8.jpg


ABAのマガジンポーチです。ボタンタイプはなかなか見かけません。
状態も良いです。

nakano9.jpg


ワッペンやパイロット装備も豊富です。

nakano10.jpg


またフィギュアの専門店でもあります!

Powered by military-maniacs
---------------------------------------
サバゲチームに贈る ミリタリー専門サイト
ミリタリーマニアックス
---------------------------------------
スポンサーサイト

| SHOP巡り | 01:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄ミリタリーショップレポート②

オードナンスさんから北上すると美ら海水族館があります。

okinawa4.jpg


美ら海水族館は他に植物園などもある
広大な沖縄海洋博公園の中にあります。
世界最大級の水槽に約7.5mのジンベエザメやマンタetcが
泳ぎ回りダイナミックです!
さすがギネス公認ですね。

沖縄海洋博公園の最北「備瀬ゲート」正面に
確かミリタリーショップが
あった筈なのでと思い覗いたら閉鎖状態。

【元ミリタリー店?①】

okinawa5.jpg


MAP

その近くの電柱にミリタリー店と書いてあり、
そちらに移動したのかなと思い移動するとやっておらず。残念。
海兵隊の旗だけがなびいていました。
訪れたのが平日だったのでもしかしたら
土日は開店しているかもしれません。

【不明?ミリタリー店①】

okinawa6.jpg


MAP

さらに美ら海水族館北上するとエメラルドビーチ、
備瀬のフクギ並木があります。
エメラルドビーチは海洋博公園内にある人工ビーチで
「日本の海水浴場55選」に選ばれているビーチだけあって、
海の青さには定評あるそうです。

フクギ並木は水牛による遊覧車も出ており、
トトロ見たいな懐かしい風景を楽しむことができます。

okinawa7.jpg


その近くに昔のコンバットマガジン誌などに広告が出ていた
元【丸良商店】さん。

okinawa8.jpg


MAP

うーん、この大きさにあったと思うと
ぜひ昔に来てみたかったですね!

Powered by military-maniacs
---------------------------------------
サバゲチームに贈る ミリタリー専門サイト
ミリタリーマニアックス
---------------------------------------

| SHOP巡り | 18:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄ミリタリーショップレポート①

年度末と新年度はじめで土日出勤、連日深夜帰宅が続き
休みがなく狂っていた私は逃亡する時期が必要だと感じ、
“特典航空券20%オフ”を利用して沖縄へ行って来ました♪

okinawa1.jpg


でも先日はゲーム、今回の旅行で激震際とミニマットに
行けなかったんですよね(>_<)

実は結婚して一周年ということもあり、
妻と行ったのでミリタリーショップ巡りという
わけにはいかなかったのですが
妻に拝み倒して道々にあるSHOPさんを回ってきました(爆)

沖縄は個人的に大好きな場所で、
国内でありながら一番日常から切り離された時間を過ごせる、
異国にいるように感じられる場所だと思っています。
アメリカ的なものや沖縄郷土的なもの中国チックなものなど、
色々味逢うことができ、海と空は青いし、メシは美味いし、
人は穏やかだし、軍放出店は多いし最高です(核爆)

行ったことが無い人はオススメですので
ぜひ行って見て下さい!

余談ですが今回で沖縄訪問は数度目になり、
最初に行ったのは英会話のホームスティ制度で
2週間ほど滞在しました。なんと米軍基地家族との
ホームスティだったので嘉手納基地の中!
アメリカ本土やハワイもチョイスできたのですが迷わず沖縄を選択。
時間があったのでリュックを背負いながらバスや徒歩で
沖縄を半周しました。

それ以降、最近の沖縄は米軍基地が減少し、
沖縄サミットから道が整理されて、
さらに観光ブームで再開発が進んでおり、
海外からの観光客も多く活気がありました。
しかし代替わり等(経営者が高齢化)で
以前に比べて軍放出店も減り、
寂しい限りですがまだまだ色々ありました!

今回はホテルが名護方面でしたので
北から紹介したいと思います。

那覇から沖縄自動車動で美ら海水族館を目指すと
その途中であるお店、【オードナンス】さんです。

okinawa2.jpg


MAP

初めて訪れた際は山奥にあり、何にもないなーと思っていたら
周りに色々出来ており賑わっていました!
入口に置いてあるロッキード F-80シューティングスター?が目印です。

okinawa3.jpg


店内はアリスパックやLCリーフ、ウッドランドなどが
綺麗に飾られてあり、RECON向けのカスタマイズ装備や
オードナンス製の現行装備がたくさん売られており、
奥の工場はまさに製造中といった感じです。
装備を製作しているところをなかなか見ることが出来ないので
これは一見の価値あり。

訪問した時間が閉店ぎりぎりで、社長さんは帰宅されていたので、
ちょっとしか店内を見渡せませんでした(泣)

しかし今回は4月定例報告でした
90年代の米海兵隊RECON、CQB装備で使用する
Point Blankのポーチを激安でゲットです。

game11.jpg


この中の本体に付いている幾つかのポーチ

以前はNAM戦時のODキャップ(サイズ大きめ)が
激安で売っておりチーム員用に10個くらい購入しました。
なかなか頭がでかい日本人サイズがないですよね~。

Powered by military-maniacs
---------------------------------------
サバゲチームに贈る ミリタリー専門サイト
ミリタリーマニアックス
---------------------------------------

| SHOP巡り | 13:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2007年04月定例報告

今月も晴れで暑くも寒くもなくゲーム日和でした。

game10.jpg


ゲーム準備風景です、暖かくなってきたので
現用装備ではなく久しぶりのNAM戦装備です(爆)

game11.jpg


90年代の米海兵隊RECON、CQB装備で使用する
Point Blankのベストです。
チーム内で私しか収集していなかったのですが、
久しぶりにチーム内でユニットを組むため集めています^^;
数年前までなかなか収集できなく、
一時期、放出店でポーチ類が出回りましたが
今はあまり見かけません。
レプリカも出ていたのですが最近では
人気がないせいかこれもあまり見かけません(笑)

game12.jpg


アーマーのラベル。
特にアーマーはなかなか入手が難しい一品です。

game13.jpg


SEALSやRECONなどの特殊部隊で使用していた無線機、
MX-300Rです。
Point Blankの無線機ポーチはこの無線機が入るような
大きさで出来ています。
また同じくSEALSやRECONで使用されていた
ABA(AMERICAN BODY ARMOR)の
無線機ポーチもピッタリ合います。
実はこの画像、表面がはがれており、
外身だけになっています。
チームのメンバーが数年前、実物は高額だったため、
西日本方が作られたものを購入したものです。
※実物は後日アップします^^;

銃の紹介です。

game14.jpg


上の銃はVFCさんから発売されたばっかりのAK74です。
マルイさんはAK47でNAM戦には最適ですが、
ここ最近のイラクで活躍しているPMCなどで使用するなら
こちらでしょう!
下はAKS74-UでクリンコフハイダーはVFC製、
ドラムマガジンはSTAR製です。
思いっきりゲーム使用です。
ドラムマガジンは単三電池2本を使用し、
センサーによる自動給弾で手間がかかりません。

game15.jpg


上の銃はG&P製のRASをくっ付けたM16A3?です。
下はマルイ製のM14にクラフトアップル製の木ストに使用したタイプ。
M14は木ストが渋いですね!

game17.jpg


これは以前の1月の定例報告で紹介した
KTWさんの三八式歩兵銃をカスタマイズした画像です。
判りにくいと思いますが、
実銃のフロントサイトをくっ付けてあります。
色合いも変更してありリアル感が出てきています~。

上記で紹介した銃(AK系)は当チームのメンバーがやっている
SHOPでも売っています。<広告 広東亭

Powered by military-maniacs
---------------------------------------
サバゲチームに贈る ミリタリー専門サイト
ミリタリーマニアックス
---------------------------------------

| 定例報告 | 00:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

戦争映画その7 おまけ

NAM 地獄の突破口のおまけです。

色々な武器が出てきて細かい描写もある
「Tour of duty」ですが、
そこで出てきたのがべトコン側が仕掛けた
ブービートラップ!
様々なブービートラップが出てきますが、
手榴弾を使用したブービートラップを解除する際、
手榴弾の安全ピンを兵士が持ち歩いており、
それを挿すシーンがあります!
これは渋い!と思った買い集めたものです(笑)

これ

pin.jpg


兵士のアクセサリーとしてブニーハットなどや
ネックレス等にも使える渋いアイテムです!

ホームページにも記述していますが、
TRC-3Aのバックがこれ。

homepage3.nifty.com/~sss/goods16.htm

なかなか見かけませんがワンポイント装備アイテムとしては
渋いと思います。

m128_1.jpg

m128_2.jpg


ホワイトスターは
SIGNAL ILLUMINATION GROUND WHITE STAR PARACHUTE(照明弾)といい、
NAM戦時から現行までまったく形は変わっていません。
NAM戦時でも一般歩兵や、SOG、LRRPなどがLRRPリュック、SEALSなどが
Hサスに付けています。
現行の特殊部隊装備などにもホワイトスターを
入れるポーチがついているほど、
特殊部隊系の兵士が多く携帯しているものです。
画像のものはSIGNAL,SMOKE GROUND GREEN PARACHUTEといい、
打ち上げると緑のスモークを炊きながらパラシュートで落ちてくる
タイプだと思います!
WHITE STAR PARACHUTE(照明弾)と形がまったく同じで、
文字を読まない限りわかりません。
代用アイテムでも全然OKです。

一般歩兵でもファティーグのズボンのポケットに
入れている画像を見ることが出来ます!

Powered by military-maniacs
---------------------------------------
サバゲチームに贈る ミリタリー専門サイト
ミリタリーマニアックス
---------------------------------------

| 映画考察 | 21:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

戦争映画その7

第七弾はNAM 地獄の突破口 (1987) です。

タイトル:NAM 地獄の突破口
製作: 1988年 米
監督: ビル・L・ノートン
出演: テレンス・ノックス スティーブン・キャフリー 他

ストーリー

NAM 地獄の突破口(1987) - goo 映画


今回は紹介するのはNAM戦マニアでしたら必見の映画(ドラマ)です!
WW2戦争名作ドラマの「コンバット!」のベトナム戦争版です。
原題を「Tour of duty」といい1987年から
アメリカのCBSで放映されました。
アメリカではSeason1から3までの全58話ですが、
日本では5シリーズに別れています。

1 NAM 地獄の突破口
2 ベトナム1967
3 グッドラック・サイゴン
4 グッドラック・サイゴン2
5 コマンド7・閃光のM16

確か4話か5話分、日本語化されていませんが、
かなり見ごたえがあります!
ベトナム戦争のあらゆるポイントが詰まっていると言えるでしょう!
言うなれば他の有名映画が訴えたいところが
ぎっしりと詰まっています。

多々のベトナム戦争映画と同じく
経験不足で古参の下士官から疎まれる新任少尉、
麻薬問題、住民虐殺、村の焼き討ち、誤爆、味方殺し、
民間人殺害、人種問題、戦場での苦悩や戦争への疑問、
帰還兵の悩みなどが描かれております。
主人公は中尉(最初は少尉)と1等軍曹(最初は3等軍曹)ですが、
小隊のドラマですので様々な人間模様も取り上げられています。
また基地の雰囲気やサイゴンの町並み、戦闘シーン、
兵士の仕草も見物です。

他の映画には出てこない、火炎放射器やTRC-3A探知機も出てきたり、
クレイモア、ホワイトスターなどの使用も見ることができます。

TRC-3A探知機


http://homepage3.nifty.com/~sss/goods.jpg

またべトコンや北側の描写もよく描かれており、
一般部隊からSOG、山岳民族、CIAと山盛りです。

装備に関してはシリーズをいくごとにリアルになって行きます。
細かく言ってしまうといろいろありますが合格でしょう!
最初の【NAM 地獄の突破口】はパイロット版だったらしく、
一番突っ込みどころがあります(笑)

当時、高校生で友人がWOWWOWOでの無料放送で
ベトナム戦争物がやっているということを教えてもらい、
無理言って毎回ビデオにとってもらっていました。
まだ実家は衛星放送を受信していなく歯がゆい思いをしたものです。
確か【グットラック・サイゴン】だったと思います。
それでTVで映画として【NAM 地獄の突破口】が
放送されて「おお!」と思ったものです。
そしてレンタルビデオが普及し、レンタルビデオ屋に行くと
【NAM 地獄の突破口】【ベトナム1967】【グッドラック・サイゴン】
【グッドラック・サイゴン2】 が並んでおり、
発狂してまとめて借りました(笑)
しかし【コマンド7・閃光のM16】は知人に教えてもらうまで
存在を知らなく、存在を知った後も色々なレンタルビデオ屋を
回ったものですがなかなかありませんでした。
ネットが普及し、検索しまくってもあまりヒットせず、
半ば諦めていたら後日、知人がレンタル落ちを購入し、
無事借りることもできました!
※現在はさらにネットが普及したせいか検索するとヒットします。
しかし【コマンド7・閃光のM16】はストーリーが
前後ずれていたりして、
なんじゃこりゃと思ったものです。<確かずれていたと思います。

最近のレンタルビデオ屋はDVDが主流になり、
上記の作品はビデオとしては徐々に消えつつあります。
また近年、アメリカドラマブームでレンタルビデオ屋も
数々のドラマが貸し出しされていますが、
残念ですが「Tour of duty」はありません。
しかしアメリカでは数年前にDVD化されています。
いつか日本語版で並んでくれるといいなーと思っております!









Powered by military-maniacs
---------------------------------------
サバゲチームに贈る ミリタリー専門サイト
ミリタリーマニアックス
---------------------------------------

| 映画考察 | 01:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2007年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月