2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月

≫ EDIT

2008年07月定例報告

7月の定例報告です。
梅雨も明けて本格的に夏日よりです。
ポカリスエット、水が欠かせない時期ですね。
皆様熱中症には気を付けてください!

game42.jpg

早速、M14木スト風計画で使用したM14でゲームをしました。
なかなか渋い色が出ています(笑)
最近はM4系ばっかり使用していたせいか、
最初の数ゲームはやり難かったですが、
セミで撃つとスナイパー銃としても全然通用しますね!

game43.jpg

NAM戦時のD3Aグローブです。
NAM戦時のD3Aグローブは入手しにくいので
指部分を切るのに度胸が入りましたが切ってしまいました(笑)

game44.jpg
※NAM戦時以降の現行のタイプは黒皮プラスレザータイプになっています。

今でこそ一般兵士から特殊部隊の兵士が使用している
パイロットグローブですが、NAM戦時の物は入手しにくいうえ、
NAM戦時はD3Aグローブが使用率が高いです。
※資料を見ているとNAM戦時ではまだ素手も多いですけど^^;

やはりゲームの最中はグローブをしている方が安全ですので、
軍装するにしてもグローブは必須です。

game45.jpg

映画『トランスフォーマー』風装備です。
少し近未来的装備ですね。
なかなかレプリカとはいえシャツ、ズボン、装備と多機能です。
ズホンはニーパット付きで大便用にお尻にチャックが付いています。
装備もここ最近のベストタイプの中では取り外しが便利です。

game46.jpg

一部、現用SEALS等が着用していたタイガー迷彩です。
NAM戦と現用のコラボになっており、
ファッション的にもにもなかなか好みです。

おまけ

定例ゲームの日の夜中から地元のお祭りがあり、
お祭りに参加するため、ゲームでくたくたになったあと、
帰宅してすぐに片付けをして仮眠していました。

お祭りというのは神奈川県の無形民俗文化財に指定されている浜降祭です。

game47.jpg
 
浜降祭とは茅ヶ崎、寒川の33神社の神輿が一斉に海に集まり、
だいたい神輿34基が集まり、
農家の五穀豊穣と漁師の大漁満足を祈願を行います。
地元の神社を夜中1時に出発、朝7時に浜辺に集合、
海に神輿が入り(みそぎ)が終わり神社に戻り、
町内を夜まで神輿を担ぐお祭りです。
以前は海に神輿を叩き込んだり、
神輿を上下左右に揺らす荒っぽいお祭りでしたが、
担ぎ手が少ないうえ、神輿の修繕費もかかるため、
ここ数年は以前よりおとなしくなって来ています。
軽い神輿で400kgから重たい神輿で600kgもあり、
一日半担いでたら肩がおかしくなってきてしまいます。
ちなみにここ数年は担いだことがありません(爆)
30基以上の神輿が集まるとかなりの迫力ですよ!
朝方8:00には眠気とゲームの疲れでてダウンしていました。
昼間で爆睡していました(笑)
スポンサーサイト

| 定例報告 | 00:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

韓国ミリタリーショップレポート④

■三日目
韓国旅行の三日目です。

最終日で飛行機の時間まで自由行動でしたので
梨泰院、東大門、南大門へ。
観光、ショッピングをしつつミリタリーショップの探索です。

まずは梨泰院へ。
梨泰院は周辺にアメリカ軍基地があり、
期待を膨らませつつホテルからタクシーで移動。
米軍基地の途中にACUを着た米軍兵士が歩いている姿を
見ることができました。

梨泰院の繁華街は沖縄でいう国際通りぽく、
雰囲気も沖縄ぽかったです。ファッションや、革製品が中止に売られており、
あちらこちらから「完璧な偽物あるよ。」と声をかけられました。
至る所にブランドの偽物が大量にありました。韓国の偽物商法はすごいですね^^;
ほとんどの店で英語や日本語が通じ、ウォンはもちろんUS$、日本円も使える。
探索してると一店だけミリタリーショップぽいところが。

korea10.jpg

MAP

たぶんここらへんです。

残念ながらお休みでした。沖縄でも多いのですが、
日曜日に休みのお店が多いみたいです。
さらに梨泰院の周辺には沖縄と同じく家具やが点在しており、
探索すれば放出品店がありそうでしたが時間も無かったので次の場所へ。

タクシーに乗り、日本のイベントにも出店しているQMDさんに行こうと思い
住所が分からないので電話番号が書いてあるメモを運転手さんに渡したら
すぐに電話をしてくれました。「これで行ける!」と思った矢先、
「今日はお休み。」と言われてしまいました。残念。
そこで行き先を変更して東大門へ。

korea11.jpg

東大門は現在、再開発が行われており、
一昔前ほど雑多ではなくなったらしいのですが、
露店が道一杯に広がっていました。
東大門は韓国の若者が集まる場所として有名で
新しいビルの周りは原宿、露店は上野のアメ横といった感じです。
見た瞬間は凄く期待感がありわくわくしたのですが、
とりあえず大外をぐるっと一回りしたのですが
期待するほどありませんでした。

korea12.jpg

雑貨屋に軍用ガスマスクが売っていました^^;

とにかく飯屋から服、雑貨と韓国の商売人根性は凄いです。
決まってのセリフは「社長」「兄貴」と次から次へと声が掛かってきます。
途中でポンテギ(蚕のサナギを醤油などで味付けし、煮た物)が
色々なところで売っており見た目、匂いにやられました(爆)
暑さと匂いにもやられ、中まで探索するには時間がなくそのまま撤退しました。

歩いてる最中、3Cのデザート迷彩服のズボンと3DAYリュックを背負っている方がいて、
日本人ぽかったのですが完全にマニアの方ですな( ̄▽ ̄)キラーン

korea13.jpg
korea14.jpg

次に東大門から地下鉄で南大門へ移動します。
南大門も上野アメ横、御徒町といった感じです。
東大門と同じく、服、雑貨から韓国海苔のお店がが多数あります。
観光ツアーのお土産屋コースにも入っており、
タクシー運転手さん曰く、
「高いし、美味しくないし、韓国の人は買わない。」って言ってました^^;
道の真ん中に露店がぎっしりと並んでおり、
韓国海苔を試食させかなり勧められます。

現地の人に聞き込み、やっとミリタリー露店を発見!

korea15.jpg
korea16.jpg
korea17.jpg

MAP

たぶんここらへんです。

主要通りと主要通りを繋いでいる道の両端に
集中してありました。

商品ラインナップ的には中田商店さんのファッション向商品と
中古放出品が多少あるといった感じです。

ライト、ナイフ系は結構おいてありました。
現行系ではACUやNVG対応ESSゴーグル(AUCタイプ)、
NAM戦時ではマグポーチやコンパスポーチ等がありました。
値段的には沖縄価格といった感じです。
HATCHの中古グローブがあったので1,500円で購入しました。

この後ぐるっと一周してそのままホテルへ集合して日本へ帰宅しました。
今後行く機会があったらゆっくり探索したいものです。

おまけ

korea18.jpg

日本で行列のドーナッツ屋さんKKDがありました。
混んでいましたが行列するほどではなく、
おやつにがわりに購入。並んでいる最中に出来たてドーナツももらえました!

| SHOP巡り | 00:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

韓国ミリタリーショップレポート③

■二日目
韓国旅行の二日目です。

朝からツアー観光に出発です。
ルートは水原華城、民族村、景福宮、カジノ(シェラトン・ウォーカーヒル)へ。

korea5.jpg

水原華城は大きく、沖縄の首里城みたいな感じでしたが、
歴史の重みを感じました。

korea6.jpg

民族村。やはり沖縄の琉球村を思い出す感じです。
日本の文化は大陸から朝鮮半島から伝来してきたことを実感します。

korea7.jpg

ラストエンペラーを思い出すぐらい壮大です。
王の道以外はでこぼこしており、
人が歩くのに下を見ないといけないように作られていました。
※頭が下がるように作られているとのことでした。

景福宮の近くは大使館等が多く、
道々に警察官が配備されていました。
それも衛兵の様に動かず密着して
確か9人くらいだったと思います。

こんな感じ



---
●●●
●●●
●●●

korea8.jpg

お昼はツアーコースのお店でプルコギを食べました。これはうまかった。

korea9.jpg

夜はお金がないけどちょっとだけカジノで遊びました^^;

| SHOP巡り | 00:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

韓国ミリタリーショップレポート②

■一日目
韓国旅行の一日目です。

朝5:00に起きて、羽田空港の国際線へ。
はじめて羽田から海外に行ったのですが、
国内線ターミナルに比べて国際線ターミナルは何もなかったので、
飛行機の出発時間までマッサージチェアで一休みしてました。
飛行機に乗り現地にはお昼前に到着。空港から地下鉄を乗り継ぎソウル市内へ。
お昼だったので早速ロッテデパートにあるレストランへ。

korea2.jpg

参鶏湯(サムゲタン)です。
参鶏湯がお勧めのお店で座った瞬間に
店員さんがわかったように「参鶏湯ね!」と言われそのまま注文(笑)
鳥まるまる一匹入っており、あっさり目のスープでコラーゲンたっぷり。
美味しかったのですが骨がたくさんあって最後まで食べるのに疲れてしまいました。

食べ終わったら夕飯まで自由行動だったのでホテル近くの明洞へ探索へ!
明洞は日本でいう原宿、渋谷、池袋ぽいところで、若者がたくさんおりました。
何か期待して歩いたのですが特に興味を引くところは無かったです^^;

行く途中道路には日本でいう機動隊のバスが道路際にぎっしり隙間なく並んでいます。
その数が特にかく半端ない!数十台という規模です。
それも日本の警察関係の車は綺麗な印象があるのですが、
これまた結構中古というより使いこまれている感じでした。
警察官はSWAT風の黒い服を着用していました。

また休暇中の軍人がたくさん歩いていました。
陸軍はウッドランド風とM59リーフ風を足したようなような感じです。
海兵隊は四色を使った迷彩で漢字が刺繍しており赤色で海兵最強で縫ってありました。
また地下鉄で米軍のMARPATを着用していた韓国の軍人がいました。

夜、妻の両親と合流した後、夕飯はツアーコースにある焼肉屋さんへ!

korea3.jpg
korea4.jpg

骨付きカルビ、チヂミを食べました。
到着して席に着いた瞬間、店員さんがお肉を鉄板の上にドバット置いて行きました。
日本のように自分達で焼こうとしたら、お店の人が「ダメダメ」とでも言うように
手取り足取りやってくれます。ある程度焼けたらお店の人がお肉を
ハサミでばさばさ切ります。
飲み物はビールやサイダー、ウーロン茶などがあり、
ビールはOBビールでバドワイザー系で飲みやすいです。
ウーロン茶は小さい缶で出てきますの値段的にはお得ではありません。

食事の後はやはりガイドさんが紹介する足つぼマッサージへ。
全身をしてほしかったのですが予算が無いため、
足だけ。日本人ばっかりで心配でしたが痛気持ちよかったです。
もうすこし指でぐりぐりして欲しかった(笑)
朝も早かったのでホテルに帰ったら爆睡でした。

| SHOP巡り | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

韓国ミリタリーショップレポート①

妻の両親から韓国旅行に連れてって頂けると言う事で、
お言葉に甘えて連れてっ行ってもらいました!
ミリタリーショップレポートと書いてありますが、
あんまりありません(爆)
どちらかというと感想になりますのでご容赦をm(__)m

韓国はアホカリプスやビクトリーショーなどを通じて
多少韓国の方とは面識があるのですが、初めて韓国に行きました。
行くのにあたり、韓国のプラトーンマガジン誌
(日本のコンバットマガジン誌やアームズマガジン誌)にあたるものや
ネットを検索して調べたのですがハングル文字の為、読めず断念(爆)
日本の方の情報を幾つか探し出しいざ韓国へ。

korea1.jpg

まずは感想から。

■町並み/雰囲気
ソウルに行ったのですが、山と川に囲まれており、
その中に都会が存在しています。
新しい建物と日本の国会議事堂のような古い建物から
旧王朝の建物まであります。
イメージ的には東京と福岡などの地方主要都市の中間な感じで、
今の日本と1980年代の日本をごっちゃにした感じです。

看板等が至るところにあり、ハングル文字の看板を
日本語に代えてしまえば日本ですと言っても分からない感じです。
また英語表記や漢字表記がもう少しあると思ったのですが、
ハングル文字が多く、地図で居場所を確認するのに時間がかかりました。
今の韓国では漢字がわからない人も増えているらしく、
漢字文化は衰退しているみたですね。
こういった外国人用の案内看板を考えると
日本の方が進んでいると思います。

あっちこっちで新規開発事業や再開発事業に取り込んでいて、
山を切り崩して高層、高級マンションがガンガン建っていました。
それも日本と違い、団地みたいに並んでいるのが特徴です。
韓国は地震が無いため、高層ビルが立ちやすく、
ソウルは一戸建住宅よりマンションの方がステータスがあるようです。
しかしこれが日本のバブル期みたいない問題を抱えているそうです。

ガイドブック等にはゴミ捨てなど罰金になると書かれていますが、
あちらこちらに捨ててあり、屋台なども多い影響で
祭りのあった後の日本の町並みといっていいかもしれません。

喫煙場所は決まっていて歩き煙草はあまり見かけない気がしました。
これは目上の人の前では吸わない儒教の影響かもしれません。

また三食必ずキムチを食べるらしい韓国では至るところで
キムチを売っており、キムチの壺があって
キムチの匂いが漂っています。
キムチが嫌いな人はお勧めできません^^;

■お金/物価
1ウォン=10円位です。計算機がなくても0一つ外せば
なんとなくの金額がわかりますので楽です。

紙幣は1,000ウォン、5,000ウォン、10,000ウォンとあり、
一番大きい額が10,000ウォンになり日本の千円札にあたります。
日本の一万円にあたるお札が無いので
数万円を換金するとかなりの枚数になり、
数字表記が10,000なのでなんか金銭感覚が麻痺します(爆)

硬貨は500円偽造で有名になった500ウォンをはじめ、
100ウォン、50ウォンとあるのですが、
日本の硬貨とすごく似ていて間違えてしまいますので
日本の硬貨は別にしといた方がお勧めです。

物価に関してはほぼほぼ日本と変わりありません。
何か購入するときは日本の物価を標準にしてかまわないと思います。
ただタクシー、電車は日本よりかなり安く、煙草も安いです。

■人
韓国人の方は顔の特徴がありますが、同じモンゴル民族系なので
やはり似ています。ファッションや化粧の仕方などで
こちらも分かるのですが、ホテルの人や市場の人も
見る人によって日本語、韓国語を使いわけているのを見て、
「よくわかるなー。」と感心しました。

■車/道路
とにかく運転が荒いです。特に割り込みは考えられないくらい強引!
相手側もクラクションを鳴らすのですが、
された側も怒ることなくしらーと入ってしまいます。
車線は6車線から8車線くらいありかなり広いのですが、
韓国は首都一極集中化が起きており、
中心部の車がひしめき合っています。
滞在中はバスとタクシーを乗っていたのですが、
「おおおお!危ない!」と思う場面が何度かありましたが、
不思議と事故は見なかったです。
男尊女卑があるのか、女性が車を運転しているのは見ませんでした。

あと一方通行が多い気がします。例えば目的地に行くときより、
目的地からホテル等へ帰る場合、ぐるっと一回りする感じで帰ってきていました。
これがもしかしたら事故が少ない?要因なのかもしれません。
しかし路上駐車も多く、舗装は日本より悪いと思います。

車種に関しては韓国車が多かったのですが、
日本のメーカーと提携しているだけあって日本車の影響が大きいようです。
大型車を好む傾向があるらしく、軽は人気が無いみたいですね。
バンクラスになるとアメ車タイプの車が多かったですね。
韓国には大衆文化に限らず
『日本で成功したものは必ず韓国でも成功する』と神話が
あるそうですが、車の形も同じ系統の車が多かったです。

韓国の道路はアメリカと同じで右側通行になっています。
日本と逆になっている為、日本人が道路を横断する際には
右から確認をしてしまうため、
事故に遭う確率が高いそうなので注意が必要です。

■タクシー
韓国には「一般タクシー」と「模範タクシー」の二種類あります。
模範タクシーは車体は黒で黄いサインで
一般タクシーの車体はシルバーの車体に青のサインになっています。
模範タクシーは15年無事故無違反の人が乗っている方で日本語が出来る人が
多いそうです。日本語が出来る人は車体に日本語OKの文字が書かれています。
料金は一般タクシーの初乗り1,900ウォンで、模範タクシーが初乗り4,000ウォン。
一般タクシーは相乗りが出来るそうで、滞在中に一回乗りましたが、
やはり日本語が通じませんでした。
またタクシーは自動ドアじゃなくて、自分で開けるタイプなので注意が必要です。

■電車/地下鉄
地下鉄は駅の雰囲気も電車も日本ぽいです。
日本語の案内表示等は無いのですが
駅には駅番号と漢字、英語の案内がありますのでなんとなくわかります。
切符は切符売り場と券売機で購入するのですが、
日本ほど自動券売機が設置されておらず、
高額紙幣が使用できなかったので不便でした。
地下鉄には二度ほど乗り、一回目は券売機で、
二回目は切符売場で切符を購入したのですが、
切符売場で買ったときは案内表示で金額を見てから、
駅員さんに地図で場所を示すと切符を渡してくれました。

電車で違うところは広さが違います。
日本より車幅が広く、日本もこのくらいあったらゆったりできるのにと思いました。
また車両内がしっかりとした感じになっており、路線によっては
イスがアルミ?なっており有事の際も考慮されているのではないのかな?と
思いました。実際に韓国の地下鉄は有事の際の防空壕になっているらしく、
写真撮影禁止の標識はないのですが、駅構内の無断撮影は原則禁止なんだそうです。
※上記の理由で韓国の地下街は発達しているみたいです。

電車の中の雰囲気はほとんど日本と同じですが、違う点は二つ!
まず携帯電話。元々電車等で携帯電話の使用を控えるというのは
日本独自のローカルルールで世界的には無いと知っていたのですが
やはり普通に携帯でしゃべってました。
あとは優先席なのですが、さすがは儒教の国です。
高齢者の方や身体障害以外の人は空いてても座っていませんでした。

■観光/ツアー
はじめて行く方であれば割高になってしましますが
少人数のツアーをお勧めします。
ガイドさんがついてきていろいろな場所を案内してくれます。
ガイドさんは日本語がぺらぺらの方が多いです。
韓国は第二外国語の選択で日本語があるらしく
日本へ留学している人も多いそうです。
しかし他の方のブログにも書いてありましたが
韓国人の方はせっかちで歩くのが早いんですよね。
ぽんぽん歩いていってしまいます。

ツアーで行くお土産屋さん。日本でもそうですがツアーだと
韓国のりのお店やキムチを購入できるお土産屋さんも決まっています。
タクシーの運転手さんなどの話では割高だし、
美味しくない(まぁ試食しましたが普通に美味しいです)と言ってました。
また直接海苔工場やキムチ工場にいけば安くて美味しいものが
入手できるからお勧めだと言っていました。
普通に購入されるのであれば韓国の方が購入される
デパ地下が値段も安く、種類豊富でお勧めです。
キムチの匂いと鮮度が落ちてしまいますので
購入されるのであれば最終日に購入するのがいいですね!
またキムチは液体として見なされますので
機内に持ち込むことが出来ませんので必ず預けましょう。
またどこのお店(ロッテリアなどのチェーン店は除く)でも接客は強引です(笑)
ここで買えって感じですが、試食はしつこいくらいさせてくれます^^;

ツアーで行くお食事処。やはりお土産屋さんと同じく決まっており、
メニューも決まっています。
どこにいっていもキムチなど付け合せはおかわり自由です。
今回は行ったところは味は普通に美味しかったです。
席に着くとすごい勢いで料理を出された後、
「お肉の追加は?」「ユッケ、チヂミあるよ!」と色々勧めてきます。
追加料金が発生しないもの(水やお絞り)をお願いするとまた出てくるのが遅い^^;

観光案内が不要であればホテルに泊まっている模範タクシーが
安心でお勧めです。交渉も可能で貸切もOKな場合は
一日150,000ウォン~200,000ウォンで回ってくれるそうです。
先に書きましたが色々ツアーの裏話やツアーでは
行かないお店やお土産屋も教えてくれます。
※まぁこれも怪しいと言ったら怪しいですが(爆)
乗るときも結構強引で俺のところに乗れと言った感じで
韓国の民族性が出ていますね!

| SHOP巡り | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京ミリタリーショップレポート④

今回は【ウィリーピート】さんです。

akihabara1.jpg


MAP

ウィリーピートさんは富山店に本店があり、
東京の秋葉原に東京店があります。
今回は東京店にお邪魔致しました。

ウィリーピートさんとはNAM戦イベント、
NAM WARからのお付き合いとなります。
※上海亭のホームページ、イベント参加報告97、98、99、00、01を
参照してください。

本店は遠くていけないと思っていたのですが、
東京店が出来てからはちょくちょく通っています。

ビクトリーショーやブラックホールなどの
イベント等にも積極的に参加されております。

お店的には現行装備が主流で特に正規品ではブラックホーク、
レプリカの商品が豊富です。
レプリカ商品に関しては早い時期から取り扱っており、
各種装備も豊富です。
パッチ類も充実しており、
また銃のカスタマイズパーツも多種扱っております。
※自衛隊パッチも豊富ですので
自衛隊マニアの方もお勧めです。

何か装備を揃えたいときはお勧めです。

| SHOP巡り | 00:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

M14木スト風計画

雑誌や他のWebサイトでも紹介されており、
モデラー系の人は今更と思うかもしれませんがご容赦を^^;

広東亭物販の工房で上海亭の隊員、559N氏に加工してもらいました。

m14_1.jpg


加工する前のM14です。すいませんピンボケしています。
購入してから一度も使っていません(爆)

m14_2.jpg


まず、バレルなどの金属部分を外してばらします。
ばらさない場合はマスキングテープやガムテープなどで色が付かないようにしましょう!

m14_3.jpg


紙やすり(粗い目)で外したプラストックを擦ります。
※擦るときは一定方向で擦るのが良いです。
 擦ることにより溝を作るのが目的です。

m14_4.jpg


黒系、茶色系などを適当にプラカラーとうすめ液を用意します。

m14_5.jpg


一度下地で軽く適当に黒を塗りこみます。
実銃などの木ストを見ると銃自体の油や人間の汗などで黒くなっている為です。

次にうすめ液で適度にのばします。
※うすめ液は塗料をうすめて塗りやすい粘度に調整したり、
 塗装用具(筆)を洗ったりします。

うすめ液で筆についている色を落とし、各種色をバランスを見ながら
塗り、またその上をうすめ液でのばします。

途中でテッシュかボロ布で適当にのばしていきます。

上記の工程を何度か繰り返し、黒が濃かったり、薄かったりした場合は
また紙やすりで擦り、再度塗りなおします。

m14_6.jpg


乾燥したら外した金属部分を付け直せば完成です!

m14_7.jpg


NAM戦時のM14のバレルカバーは茶色ですので、
純正の黒からG&Pさんから出しているブラウン色のバレルカバーに変えて終了です!

m14_8.jpg


なかなかリアルに出来てますよね!
遠めの画像であれば木ストに見えると思います。
紙やすりでかけた為、感触的にはざらざら感が手にありますが、
使い込めば滑らかになってきます。

AKなどにも応用できますのでぜひお試しください!

| マニア嗅覚 | 00:30 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第49回ビクトリーショーレポート

7月6日、第49回ビクトリーショーに行って来ました!

場所はいつもと同じ東京の浜松町にある都立産業貿易センター浜松館です。
今回も人はなかなか盛況で、気候のせいもあり、汗だらだらで会場を回っていました。

公式サイト

vs5.jpg


以前のレポートでも書きましたが装備系でも古い装備が中心だったのですが、
ここ最近は現行装備も多くなってきています。
出店希望者数に対してテーブル数が足りなかったらしいです。
そのくらい盛り上がってきているのではないでしょうか!?

現行装備では特殊部隊系のポーチ、無線系ではPELTORなどありました。
またNAM戦装備のブースも多く、カーキの79バンダリアのデットストックなど
なかなかマニア好みの物がたくさん売っていました!
ブースの中には韓国からの出店の業者や沖縄の軍放出業者など来ていました。

行くまでに秋葉原7人殺傷事件の余波とサミット開催の影響で
警察官がいるかなと思ったらそれほどではありませんでした^^;

次回は9月7日に開催予定で5階会場になるらしので
今回のフロアより広くなりますので期待です。

| イベント報告 | 00:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月