PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

戦争映画その3

第三弾はランボーです。

タイトル:ランボー
製作: 1982年 米
監督: テッド・コッチェフ
出演: シルべスター・スタローン 他

ストーリー

ランボー(1982) - goo 映画


ベトナム戦争映画ではないですが、
この時期に早くも帰還兵の苦悩や
枯葉剤の後遺症の話を描いた作品として取り上げてみました。
装備等々の批評はないのですが、
随所に特殊部隊ならではのゲリラ戦テクニックが見られます。
今までトンパチ系しか知らなかった私にとっては
へーと思ったものでした。
脱ロッキーを果たしたシルべスター・スタローンの
代表作にもなりました。
帰還兵からの賞賛の声も高かったと聞きます。

引き続いてランボー2(ランボー 怒りの脱出)では
シルべスター・スタローンの元に届いた一通のファンレターで
戦闘中行方不明者(Missing In Action = MIA)を
取り上げて欲しいと書かれており、
それをもとに出来た映画らしいです。
題材的には帰還兵に続きMIAといった世間の関心を
高めるものになっておりますが、
一方で「アメリカ最強系(強いアメリカ)」の映画の
スタントアクション娯楽の火付けになったと思います。





Powered by military-maniacs
---------------------------------------
サバゲチームに贈る ミリタリー専門サイト
ミリタリーマニアックス
---------------------------------------
スポンサーサイト

| 映画考察 | 00:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。