PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

戦争映画その8

久しぶりに映画です。

第八弾はハンバーガー・ヒルです。

タイトル:ハンバーガー・ヒル
製作: 1987年 米
監督: ジョン・アーヴィン
出演: アンソニー・バリル マイケル・ボートマン 他

ストーリー

ハンバーガー・ヒル(1987) - goo 映画


第二次ベトナム戦争映画ブーム、
三大作品のひとつといっても過言ではありません。
プラトーンと同じく、リアルな戦闘シーンや兵士の苦悩、
主人公が主人公として特別扱いされていないのも特徴です。

この映画の広告で「この高地はオレ達をミンチにしようと
している!」と書かれておりインパクトがありました。

アシャウ・バレー(937高地)を巡る攻防戦を
描いているだけあって戦闘シーンが多い気がします。
ただ丘全体を写しているのでやや小さく映っているのが
残念です^^;
それで映画館で見たときは正直誰が誰かがわからず後で
理解するため小説を買ったのを覚えています(爆)

印象的な台詞や演技が多く、
新兵に対して軍曹が敵への畏怖心を植えつけるため、
「奴はハンだ」って紹介するシーン、
新兵の頭を吹き飛ばされ、衛生兵がドックタックは
首と足に付けろと悲嘆するシーン、
ヘリからの誤射シーンで無線手が叫ぶシーン、
丘からヘルメットが転がっていくシーン、
マスコミの取材に対して兵士が台詞を言うシーン、
夜、ココアを飲みながら「ハノイ・ハンナ」の放送を
聴くシーンなどなど。
兵士の台詞で「この丘を占領してどうするんですか?
駐車場にするのさ。」は印象に残っています。
また確か札が木に貼り付けてあったか、
ぶら下がっていたか忘れたのですが、そこに
「ウェル・カム・ツゥ・ハンバーガー・ヒル」、
その下に小さな文字で「こんなにまでする
価値があるのかよ!」と書かれており、
この一言がすべてを象徴していると思いました。

ココアはレーションにある為、米軍兵士が
良く飲んでいるみたいで、
それ以来、イベントの際はココアを持参していきます。
ココアはリラックス効果がある言われており、
戦場での緊張感や疲れているとき
ありがたいかもしれないですね!
またハノイ・ハンナにはインパクトを受け、
チーム内でハノイ・ハンナのCDを作って
イベントの夜、夜な夜な流していました(笑)

hanoi.jpg


装備に関しては三大作品の中ではかなりいけているほうかな?と思います。
特にライトフレームリュックサックは
印象的でこれから私の背負い物を購入するきっかけに
なったと思います。

ただ101空挺師団を主とした映画ですので部隊パッチが
カラーのSSIの方がよりリアルだったと思います。

この映画は無名な役者を多く使って作品でした。
若き日のディラン・マクダーモット、ドン・チードルが
出演しています。
ディラン・マクダーモットはクリント・イーストウッドの
「ザ・シークレット・サービス」、
ドン・チードルは「オーシャンズ11」
「ホテル・ルワンダ」に出演しています。



Powered by military-maniacs
---------------------------------------
サバゲチームに贈る ミリタリー専門サイト
ミリタリーマニアックス
---------------------------------------

スポンサーサイト

| 映画考察 | 02:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT