FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

M1カービン木スト風計画

以前、M14を木スト風にしましたが、
今回はM1カービンを上海亭隊員saskに依頼して加工。

関連記事はこちら。
M14木スト風計画

やり方は「M14木スト風計画」と同じです。
元になる銃はAGM製M1カービン エアコッキングガン。

m1_1.jpg
m1_2.jpg

上が加工後、下が加工前。
画像ではわかりにくいですが
かなり渋い一丁になっています。

AGM製は安価の上に命中精度もよく、とにかく軽い!
中の重りをとってしまえばさらに軽く遊び銃としてはお買い得品です。
海外製なので当たり外れがありますが、
エアコッキングなので簡単に調整できます!


スポンサーサイト

| マニア嗅覚 | 10:56 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

5,800円でヘンリー少尉かベトナム戦初期の再現ができるですか‼
装備品に金をかけるユーザー層からすると銃のコストダウン品ドレスアップ法紹介はよい記事だと思います。加工前は明らかに成形品だとわかります。加工にはどのくらい時間をかけられてますか?技量がそれなりに要求されるのではと思います。

| Willard | 2019/02/05 20:08 | URL |

小魔王さまに代わりまして、やってみたsaskからご案内します^^

私にとっても初めての挑戦でした
機会を貰えての挑戦だったので技量が無くても大丈夫だと思います!
技量をお持ちであればよりグレードの高いものが出来るとは思いますが><
あと、かかった時間は1日仕事といったところでした。

使ったストックはあえてのブラックにしてみました
傷などが発生した場合に黒が出てくる方がいいかな?と考えてみてです

手順としてはバラしてから、ベースの色(コーヒーブラウン)をスプレーで吹いて

その後に風呂場用スポンジくらいの粗いスポンジで黒や茶などのプラモ用塗料をドライブラシな要領で何度も何度も擦っていきました

最後にウレタンニス(オールナット)をスポンジに吹き付けて、また擦って擦って・・・でした

本来金属系の部分にも塗装(ダークパーカー)しています

ホントに出来るのかな?と不安になる作業ですけど
やってみるとできちゃうものですよ^^b
実銃の画像をみながら「こうかな?」とやってみると良いかもです

Willardさんも是非チャレンジしてみてください!

ドライブラシの要領でシャッシャとやってしまうので塗料の飛散に気を付けてくださいね~><
小魔王さま、さらに実物のオイラーやスリングを配してさらにドレスアップしておりました!w

| sask | 2019/02/07 22:03 | URL |

sask様
詳しい解説ありがとうございます‼
ドライブラシの要領でスポンジで擦っていくんですね。写真を拝見するとストックを交換したかのような段違いな出来栄えです。
最後のフィニッシュのウレタンニス(オールナット)も擦るということは最後まで吹き付けがないのですね。
銃本体の値段を考えますと是非試したいと思います。

| Willard | 2019/02/09 13:02 | URL |

willardさん
少しでもお役に立てましたら嬉しいです^^

仰る通り、最初のベースになるトコロだけスプレー塗装以外は手作業ですね

一度やれば二度目はさらに!と面白くなると思いますので機会がありましたら!^^

| sask | 2019/02/11 01:56 | URL |














TRACKBACK URL

http://nammiri.blog21.fc2.com/tb.php/511-7fd992a4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT