PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

無線機

NAM戦時に使用されていた無線機を紹介したいと思います。

prc1.jpg

prc2.jpg


上がPRC-77とPRC-25です。

PRCとはPortable Radio Communicationの略で
PRC-10と交代でPRC-25は1960年代初頭に採用されます。
1960年代後半にPRC-77の登場します。
PRC-25とPRC-77は外部的には見分けが難しいほど同じですが、
内部の構造は違っており、
PRC-25は真空管が使われていますが、
PRC-77はトランジスタ化されています。
ばらしたら組み立てられそうにないので
確認したことがありません(爆)
<見たことはあるんですけど^^;
購入されるのであれば性能が上のPRC-77をお勧めします。

PRC-25、77自体はベストセラー無線機で
西側諸国でもライセンス生産されており、
日本国内では韓国製やなぜかイスラエル製をよく見かけます。
余談ですがPRC-6はイスラエル製を多く見かけます。

PRC-77自体はNAM戦後のものも多く、
現行OD色のものも多く見かけます。

prc3.jpg


PRCに付けるハンドセットです。
上が初期型のH138で下が
後期型のH189といいたいところなのですが、
初期型は高価で所持していません。
形が同じなので思わず購入してしまった
H77275Aと書かれているもので
何用なのかはわかりません(爆)
後期型も日本国内では韓国製を多く見かけます。

prc4.jpg


H189のプレート部分です。
装備等に引っ掛ける部分があるのですが、
プラスチック製の為、よく折れてしまうので
私が所持してあるものは金具で固定してあります。

prc5.jpg


ヘッドセットです。
左側のタイプが車両系でよく見かけるタイプです。
右側が一般兵士が付けてるタイプです。
詳しくはわからないのですが、
右側のタイプはA~D型までわかれており、
NAM戦時はC型までがよく見かけれます。

prc6.jpg

prc7.jpg


上がC型で下がD型です。
購入される場合はC型がよりリアルだと思われます!

prc8.jpg


PRC用のバッテリーです。
一番上がNAM戦後に出回っているバッテリーの
ショートタイプです。ロングタイプも存在します。

中段がBA-386と呼ばれるバッテリーです。
中身を単一電池で使用できるように改造してあります。
<作ろうと思ったのですがめんどくさいので
以前に某オークションで落札しました。

下段が韓国製の単一電池式のケースです。

prc9.jpg


中身です。
韓国製も電池で使用できて便利なのですが、
プラスチック製なのでところどころ割れてしまします。

prc10.jpg


ロングアンテナとショートアンテナです。
アンテナも現行OD色のものも多く見かけます。


prc11.jpg


prc12.jpg


アンテナケースです。
調べてないのでなんともいえないなのですが、
上から初期型、中期型、後期型になっています。

無線機、それは免許やら申請やらが必要で、
思わずNAM戦時ということで購入してしまったのですが、
ただの飾りになっています(爆)<今じゃもう買えません^^;
久しぶりに引っ張り出したんでほこりまみれでした^^;

これでもうちのチームのメンバーの中には
PRC無線機を背負って普通にゲームをしてたんですよね(爆)
今考えるとどこにそんな体力があったのかと思います(笑)

Powered by military-maniacs
---------------------------------------
サバゲチームに贈る ミリタリー専門サイト
ミリタリーマニアックス
---------------------------------------
スポンサーサイト

| NAM装備 | 11:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nammiri.blog21.fc2.com/tb.php/59-9e7c1eae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT